夫婦2人で無職だけどブログ

ただいま夫婦で無職ですが、愉快に暮らしています。

画家さん経営のカフェcoffee ritmosでお絵描きしてきた。

子どもの頃、こんな場所に来れたら良かった。

カフェcoffee ritmosに行ってそんなことを思った。

 

レモネードを注文すると、画家さんであるリトさんが気さくに話しかけてくれた。リトさんは、絵以外にも歌を歌ったり作ったり、DJをすることもあるらしい、まさにアーティストだ。

 

やはり、ものづくりのお話が好きなようす。私の作っているものに興味を持って聞いてくれ、お店に飾りますよなんて言ってくれる!

f:id:gotoyuri:20180921015049j:image

店内は素敵な素敵な絵が飾られており、売られている。画材について尋ねると、実際に見せて触らせてくれた。色鉛筆ってこんなに種類があるものなのだなあ。

 

試し書きしますかと紙をくださった。

そこに絵を描いてみる。「みんなでお絵かきしたいですね」と水を向けると、「みんなで描きましょうか」とリトさん!

 

実際にお仲間でよくそんなことをしているのだとか。

要は回し描き。

f:id:gotoyuri:20180921015125j:image

私が描いたほにゃほにゃ星人の絵につぎ、リトさんが何を描くのか…

いちいち素敵な絵だ!

 

続いて夫も、マネして描いてきた。味のある絵だ、私は好きだ。

 

なにこれ、楽しい…

 

私は、「絵を描くことは、らくがきだ、ただの遊びだ、役に立たない」という気持ちが強かった。本当は、絵を描くことも自分の絵を見ることも大好きだし、描くことで癒されることも知ってるのに。

 

私の周りで、アーティスト的な人はいなかった。

リトさんと接して、絵を描くことで歌を歌うことで食べている人は、他の人がモノを作ることへのリスペクトもすごいと思った。

 

こんな人と、子どもの頃に接する機会があったらなあ。

 

店内には、お店に来たお子さんが描いた絵も飾られている。

 

子どもの頃にここへ来たかったですと言うと、リトさんは

「ここへ来て、童心に返って描けば良いですよ」と。

 

肩ひじ張らずに、普通に絵を描く、集中して描く、大事に描く。

 

カフェでお絵かきなんてはじめてだった。

リトさんの絵が素敵すぎて、嫉妬!!したけど。

f:id:gotoyuri:20180921015219j:image

不思議な心地よさのアーティストカフェ。

絵を描くもよし、おしゃべりするもよし、コーヒー片手にセンスの良い画集や漫画を眺めるも良し。店内はリトさんセレクトのイイ〜音楽が流れており、気持ちよし。

 

一見入りにくい店構えで半年間前を通り過ぎていただけだったけど、もっと早く来てもよかったな!とってもとってもおすすめ。こんなカフェ、日本にいくつあるの。

 

お休みや営業時間の最新情報は、Twitterをチェックするのが吉!