ぽんゆり日記

気になったことを綴っていきます。

集中力を高める飲み物

最近、市の図書館に初めて行った。

小さくてせまくて中年男ばっかりで度肝ぬかれた。

図書館と言えば5階建てくらいある広大な大学図書館がイメージにあったので、小ささに、びっくりした。なんて落ち着かないんだ。大学生の時わたし達、ブルジョワな環境にあったんだね。市民に必要な文書環境なんてこんなもんなんだと考えられているんだね。

 

でも久々の図書館はおもしろかった。小さいにせよ色んなジャンルの本があるし、少し歩くだけで食べ物の歴史の本があると思えば文学雑誌もあるし、社会学もあるしマンガもあるし刺激を受ける。本屋と違ってタダで借りれるし、ビニールカバーもされてない。袋とじもない。

素晴らしい。ちいさいとはいっても、私にはなかなか読み切れないほどの量の本があることには違いない。

 

浮ついたこころで、なにか借りたいなーとおもって借りたのがこれである。

『朝夕飲んで元気になる おくすりスープ』

おくすりスープって可愛い。響きが可愛い。まるで森にまよいこんだとき、ふと目に入った一軒家からくまのおかあさんが出てきて、怪しい壺みたいな鍋から湯気がでていて、木の器にそれを注いでくれる。そんなメルヘンさがある。

 

さてこれは「風邪」「のどの痛み」とかの症状に合わせたスープが食材の栄養知識つきでレシピ紹介されているのだけど、

とくによかったのが「だるさ、倦怠感」「集中力をつけたい」「ストレス」と言った状態のためのレシピ。

なんでこれが良かったって、人生の大体において私は倦怠感があり、集中力をつけたいと常に願っており、おりながらも日々のエネルギーを携帯ゲームに注ぎ込みがちで、また不可抗力的に発生しからだに知らず知らずたまっていくストレスにより病気になったりするにんげんだからだ。

 

**************************

さて、既に5回くらい作ったのがこちらの

≪集中力を高める飲み物≫である。

おくすりスープレシピのアレンジで、冷たいバージョン。夏にぴったり。うまい。

f:id:gotoyuri:20160618231547j:plain

【材料1人分】

・ココア・・・お好みで小さじ2

・きなこ・・・お好みで小さじ1

・蜂蜜・・・大1

・湯・・・適量

・氷・・・適量

・豆乳・・・200cc

 

【作り方】

①大きめの耐熱グラスに、ココア、きなこ、蜂蜜を入れる。

②湯を30~45cc入れ、混ぜる。

③氷を沢山入れ、混ぜる。

④豆乳を投入し、ぐるぐる混ぜておしまい。

 

○大豆食品に含まれるレシチンというのが集中力を高めるそうです。

○ココアは、香りがセロトニンに働きかけて、リラックス&集中力を高める効果があるとか。

リラックスと集中力って真逆のようにも感じるけど、深いリラックスが集中力なんだろうね。それならテレビの前でごろごろしているわたしたちの状態ってなに?リラックスじゃないならなに。浅はかなリラックスと中途半端なテレビへの集中力を、どうか罵ってください。