ぽんゆり日記

気になったことを綴っていきます。

ぬいぐるみで考えるキズナマン。

さっそくですが、黒子のバスケ脅迫事件の渡邊被告が名前をつけた、

キズナマン」を考えたいと思います。

こちらが、キズナマンです。

f:id:gotoyuri:20160622162853j:plain

こちら写真中央の、ネコともヒヨコともつかぬお手玉型の黄色いぬいぐるみです。

こちらが、キズナマンです。

キズナマンは、家族や地域や友人や社会などとつながりを持つ人です。

家族、地域、友人、社会。それぞれと、ゆるやかな糸でつながっています。

 

ひもで縛られて、苦しそうでしょうか?

これは、つながりがあるからこそ不自由さを時に感じるというあれです。

キズナマンは、

 

f:id:gotoyuri:20160622163334j:plain

落ち込むことがあって死にたくなっても、やけを起こしたくなっても、

f:id:gotoyuri:20160622163556j:plain

支えてくれる人がいます。つながりが彼を奈落の底に突き落としません。

f:id:gotoyuri:20160622163715j:plain

「ありがとう・・・」

人や社会とつながりのある人。自分を踏みとどまらせてくれるもの。それは時に友人かもしれないし、神様とか信仰かもしれません。