ぽんゆり日記

気になったことを綴っていきます。

夫が会社に行けなくなった朝のこと

夫は働いている間、灰色の顔色をしていたので、しばらくはしっかり休もうねと決めた。

 

こんなにゆっくりしていて、良いのだろうかともう焦りもでてきていたけど、

そういう時間を人生の中でとることを許そうと2人で話した。

 

夫の休職は急だった。

 

ある朝、

玄関まで出て、靴を履いている夫に、

私はいつも通り「いってらっしゃい」と声をかけた。

 

夫は返事をしない。

 

もうずっと深夜勤務続きで、体調が悪いことは知っていたし、このところ「いってきます」と返事をしてくれることは無くなっていた。

 

夫はただオバケのような顔つきをして、下を向いて少しだけ頷く。

猫背で、どぶネズミみたいな目つきをしていた。見なかったふりをしたくなるほどのひどい顔だった。

 

「大丈夫?しんどいなら休んでもいいじゃない?」

「...明後日会議だし」

 

「じゃあ、調子が悪かったら、いつでも早退しておいで」

「...」

「...」

おかしい、いつもはナンダカンダ言いながら「でも行かなきゃいけないから」と重い足取りで出て行くのだ。

 

「...?」

 

靴を履き終わっても、夫は動こうとしなかった。

 

「行けない」と言って

泣きそうな顔をしていた。

 f:id:gotoyuri:20170203011321j:image