ぽんゆり日記

気になったことを綴っていきます。

海沿いの小さな町暮らし。真鶴で移住体験はじまり

旅立ち

神奈川県は真鶴にやってきた。

洗剤からトイレットペーパー、お気に入りの甘い醤油などをカゴいっぱいに詰め込み、最近買ったばかりの30万のかわいい車でやって来た。

 

既に8万キロほど走って来たらしい軽自動車で、力強くアクセルをふむと

「ぶおん!!」という音がする。

だんだん海が見えてくる…

 

ぶおん!ぶおん!と言わせながら走ること70キロ。

f:id:gotoyuri:20170924224222j:plain

 

 

到着

車を降りると、花の香りがした。

自然がいっぱいというわけではないけれど、なんとなく肌が気持ちよいと感じる場所である。

 

着いたはいいもののどうすればいいのかさっぱりわからないので、移住体験プログラムの担当の方に連絡して来ていただいた。どうもスイマセン

 

担当の方は川口さんという、ものすごく可愛いトートバッグをお持ちのすごいイケメンだった。

ご夫婦で移住して、「真鶴出版」という会社を立ち上げたり、小さなお宿を経営されているかっこいいお方だ。

 

f:id:gotoyuri:20170924224708j:plain

真鶴町移住体験とは

1〜2週間の移住体験である。

・真鶴駅から徒歩10分、商店街にある一軒家くらしかる真鶴に滞在できる。

・費用は2万円(光熱費込、wi-fi利用可)のみ。

・町案内ツアーをしてもらえる。

 

 

注意事項としては、

・商売や出張、宗教布教のための利用は不可。

・ペット不可。

・消耗品等は自分で購入する。

・1階の移住相談スペースのシャッターを毎日開ける。

・最後は布団を干しシーツも洗うこと。

 

などがあった。

 

川口さんが一通り説明してくださった。とても気さくでなんでも柔らかく受け止めて答えてくださる。おすすめの飲食店も地図に書き込んで教えてくれた。

 

参加のきっかけ

1年前に真鶴を訪れたとき、 町の人がとてもあたたかく、幸せそうだった。

コミュニティ真鶴というカフェを偶然訪れたのだけど、散策中の急な雨で困っていたら、車で港まで連れて行ってくれた。

連れて行ってくださったその方は、ご家族で移住して来たらしい。

 

最近は若い移住者が増えている。仕事を作り出すかっこいい人たちもいて活きが良さそう。しかも憧れの「海が近い生活」だ。

「町のみんなが海にうつる月が見えるように」と作られた美の建築基準もすてき。

 

 

こんなところで子どもを育てられたらいいだろうなあ、と思っていた。

 

自分で仕事を作り出すことができれば、こういう場所にも住めるのだろうな。

「自分で仕事を作る」というのは全然できていないし全く見通しもないけれど、

 

ともかく「そこでの暮らしを体験する」というのは、動機付けにわるくないのではないかなあ、と思った。というか行ってみたい。

いつか行くなら今しかない。安定期の今、夫が仕事を始める前の今しかない。

 

そういうわけで来たのだ。

 

ここでは、ゆっくり休むこと、思い切り楽しむこと、そして町をたくさん見て回りたいと思う。できれば町の人とお話をしてみたい。

 

f:id:gotoyuri:20170924225739j:plain

早めの夕食は、おすすめしていただいた居酒屋富士食堂にて。

 

大相撲とゴルフの話題で大盛り上がりの中高年男性グループが隣で、たばこがもくもくで参った、ごはんは全ておいしかった。

 

魚のミックスフライなんて、信じられないくらいサクサクだし、身はふわふわだし、素晴らしかった。店主のお兄さんも素敵だった。

妊娠中で生魚が食べられないため、かつおのタタキも生しらすもまご茶漬けも馬刺しもおあずけだが、ミックスフライがあれば何もいらない女に私はなった。

 

 

帰り道、スーパーで買い物。極早生(ごくわせ)みかんを発見!

おそらく、湯河原産だろうか。この地域はみかんが結構有名なのだ。値段は高めだったけれど、どうしても食べたかったので迷わず購入。

みかんがあればわたしは何もいらないのだ。

 

 

家に帰って、早速袋を開けた。今すぐみかんを受け入れる用意が私にはある。

すると、紙がひらりと落ちた。

そこには、「宮崎県産^ー^」と書いてあった

 

 

f:id:gotoyuri:20170924223555j:plain

みかんはすっぱくてものすごくうまい。

 

さあて、明日から何をしようかな!

 

 

真鶴 (文春文庫)

真鶴 (文春文庫)

 

 

鹿児島県産 訳あり 極早生みかん 1箱:2kg入り サイズ:S?2L混合