夫婦2人で無職だけどブログ

ただいま夫婦で無職ですが、愉快に暮らしています。

東京で働くのは無理ぽと思ったので、Webのぷろぐらみんぐの勉強をはじめた

東京で働くのは無理ぽと思ったので、Webのぷろぐらみんぐの勉強をはじめた。

ドットインストールというオンラインの授業をがしがし受ける。

 

ーーーーーーーーーー

東京には、面白い仕事がたくさんある。すごく沢山ある。

あらゆる種類のベンチャー企業が、有名な会社が、表参道やら神保町やらにある。

社会の不平等を是正する、社会起業とよばれるかっこいい会社も、NGOもNPOも、みんな都心にオフィスをもつ。

 

できることならそこで働きたい、と思う。

 

ただし手取り30万、稼げることができたなら、という条件付きだ。

 

最低でも、都心のファミリー向けの部屋は10万エンするのだ。

 

払えない。そんなに稼げない。

家賃が高いから郊外に住むしかない。通勤1時間半、満員電車にもまれる生活を、私はしたいのだろうか。続けられるのだろうか。健康と幸福を、守れるだろうか。

 

長い通勤、満員電車を毎日楽しまなくちゃいけない。家畜列車のように詰め込まれる。ぎゅうぎゅう、モーモー。

 

しかも、ほとんどの会社が、残業がありそうな雰囲気だ。

素敵そうな会社でも、採用情報の待遇欄に、固定残業代込み、と書いてあったなら私は即座にページを閉じた。

 

通勤が長いうえに長時間働くとなれば、赤ん坊と過ごす時間はほとんどなくなってしまう。生きる意味がない。

 

すごく面白い仕事より、私が欲しいのは赤ん坊と過ごすゆったりした時間と、広い部屋だ。

f:id:gotoyuri:20180622025710p:plain

そのためには、家賃が安い地域に行けばいいのではないだろうか。

 

家賃が安ければ、広い部屋に住める。

家賃が安ければ、もし仕事が辛くなったり、飽きたり、健康を損なって辞めたくなっても負担が少ない。万一の負担が少ないことは、我々の心を和らげる。嫌だったらやめても大丈夫と、自由にさせる。

 

家賃が安い場所で、はたらく。

 

そして思いついたのがWeb業界であった。

 

Webサイトを作ったり守ったりする仕事は、全国どこでも、世界中どこでもできるところが夢のようだと思う。

ワークライフバランスを重視して、地方にあえてオフィスを構える面白そうなベンチャー企業はIT系ばかり。ノマド、ノマド。東南アジアにも結構たくさんの日本のIT企業がある。

 

地方や海外の、生活費のあまりかからない場所で暮らす。広い部屋で暮らす。

そこそこ面白い会社で働く。通勤は自転車だ。18時過ぎには帰宅し赤ん坊とたわむれ、ブログの1つでも書く。自分で作ったサイトの管理をしたり、勉強をしてもいいかもしれない。

休日は、近くの豊かな自然を楽しんだり、知らない土地の町歩きを楽しんだり、マンゴーをむさぼり食べる。

 

 

うむうむ。よさそう。自己実現と愛と健康の計画だ。完璧すぎて震える。

 

でも未経験だし30台になっちゃったし、乳児持ちだし数年内にはもう1人産みたいし、雇ってもらえないかもしれない。勉強しても無駄かもしれない。向いてないかもしれない。何もかも失敗かもしれない。どうしようどうしようと気持ちは揺さぶられる。

 

それでも今、がしがし勉強したい、という気持ちはある。ぶるんぶるん揺さぶられながら、しかし前には進んでいこう。

 

f:id:gotoyuri:20180622031600p:plain