夫婦2人で無職だけどブログ

ただいま夫婦で無職ですが、愉快に暮らしています。

ちんこ、毛糸、おっぱい。映画『彼らが本気で編むときは、』が良すぎてよすぎて、もう

荻上直子監督!

夫がDVDを見てばかりいるのだが、また借りてきた。

うんざりしながらDVDを手に取って見ると、よくわからないタイトル。

 

 

夫に尋ねると、『かもめ食堂』 や『めがね』の荻上直子監督の作品らしい。

目を剥いた。

私は荻上監督の映画が三度の飯の次のデザートよりも大好きなのだ。特に『めがね』は少なくとも13回は見ている。

 

めがね

早速見てみると、

(…生田斗真が女装している…?)

これが最初の感想だった。性同一性障害の役なのだ。

 

荻上監督の作品は、のんびりした、のほほんとした雰囲気が特徴だと思う。深読みもできるけど、雰囲気映画としてお酒を飲みながら楽しむような映画。

 

今回もそんなのほほんを予想していたら、見事に裏切られた。

 

映画『彼らが本気で編むときは、』感想

この映画に出てくるのは、

母親に捨てられた娘、性同一性障害の女性、ちんこ、男の人を好きになってしまう男の子、おっぱい、ちんこ、意地悪な同級生、鬼母、河原で編み物、美しい部屋とセンス良きお洋服。毛糸、毛糸。

 

だいたい以上である。

 

このような、登場の仕方を、かつてどのちんこが予想しただろうか。

 

物語としては、母親に捨てられた女の子と、性同一性障害の女性と男性のカップルが一緒に過ごすという話。よしもとばななのキッチンをふと思い出したが、全然違う話だ。

キッチン (角川文庫)

「普通って何?」「母親って何する人のこと?」

全部に、どストレートに答えてくる映画だと思う。

 

「普通なんてない」「こんなお母さん素敵だね」を見せてくれる。

そしてあのちんこだ…ちんこで泣いたんだ、私は。急に涙がこみあげてきてびっくりしたのだ。ちんこちんこ書いてるけど、ご安心を、美しい映像しか出てこないので。

 

終わる頃には、リンコさんが生田斗真だなんて信じられなかった。誰にも似てないリンコさん。素敵大好きリンコさん!という気持ち。誰よりも素直で、心優しい。

 

「自分のお母さんが、こんな人だったらなあと思っちゃう」ということを夫に言ったら、「あなたがそうなればいいんだよ」と言われて私はがんばろうと思った。

そうだ私は、もう守る側の人間であった。

 

大事なことは、みんなこの映画に映ってる。のほほん映画なんてとんでもない、人が思い切り傷つき、強く生きていく映画だと思う。

 

このところ、うちには金も職もなくて遊べない。夏が来たのにあるのは参考書と陰気な夫と職もスキルもない私だ。先が見えない疲れてる。

 

だけど、久しぶりに見た映画、この映画をみた後は心が満たされていて。栄養補給されたような気分になった。

ありがとう。作り続けて欲しい。荻上監督〜〜!

 

彼らが本気で編むときは、 [DVD]

彼らが本気で編むときは、 [DVD]